生活情報

【悲報】忙しくてもヒマでもサラリーマンの給料は変わらない

何でこんなに忙しいのに、給料が上がらないんだ?

こんだけ仕事してるのに、給料が一緒ておかしくない?

こんな風に思ったことはないでしょうか。

しかし残念なことに、サラリーマンは忙しくてもヒマでも給料は変わりません。

その理由について、詳しく解説していきます。

この記事の内容
  • もらえる給料はすでに決まっている
  • 忙しくなると給料は逆に下がる
  • サラリーマンの収入を上げる3つの方法

この記事の筆者は、財閥系企業に勤める筋トレ好きの副業サラリーマンでもあります。

この記事を読むことで、忙しくてもヒマでもサラリーマンの給料が変わらない理由と、サラリーマンが収入を上げる為の3つの方法が分かります。

それではさっそく見ていきましょう。

もらえる給料はすでに決まっている

サラリーマンは忙しかろうが、ヒマだろうが給料は同じです。

理由は簡単、サラリーマンは労働量に対して給料が支払われるわけでは無いからです。

例えば、給料が同じぐらいの同期のA君とB君が居たとします。

A君は、勤務時間の8時間の中で4時間ネットサーフィンして残りの4時間仕事しています。

一方B君は、8時間フルに仕事して、何ならランチタイムも仕事しています。

普通ならいっぱい仕事してるB君の方が給料を多く貰えて当然です。

しかし、現実は給料は同じですね。

なぜなら、月給という形で支払われる賃金の額がすでに決まってるからです。

その為、ヒマしてようが忙しかろうが、貰える給料は変わらないのです。

理不尽な気がしますが事実であり、日本の会社の多くがこの形態になっています。

中には営業職などで、売れた数に対して報酬が支払われる所もありますが、サラリーマンとして勤めてる会社では数が少ないです。

忙しくなると給料は逆に下がる

忙しくなると給料は逆に下がります。

給料は一緒なのに、同じ労働時間内で仕事量だけ増えるということは、給料が下がっているのと同じだからです。

例として、私の勤めている会社の話しをします。

先頃、部署内でタスクの見直しが行われました。

そして、それまで上層の方で行われていた幾つかの業務が、部長の一存で『本来は君たちがやるべきだ』てことで仕事が回ってきたのです。

しかも、このずっと前より労務費削減と長時間労働防止の名目で、残業を厳しく制限されていました。

つまり、今までと同じ労働時間内で今までの仕事に加えて、新たに降ってきた業務をこなさなければいけなくなったのです。

だからと言って、当然給料は変わりません。

と言うことは、もうお分かりですね。

給料は同じなのに仕事量だけ増えるということは、給料が下がったのと変わらないわけです。

例えると今まで10の仕事でもらえてた給料が、20の仕事をしないともらえないてことになります。

給料の額面上では一見同じに見えますが、仕事量と照らし合わせると減っていることになるのです。

これが忙しくなると給料が減っているということなんです。

「いや会社ってそれが当たり前じゃね」と思われるかもしれませんが、これに気付いてない人はどんどん回される仕事をハイハイと引き受けて忙しくなるばかり。

そうしてできあがるのが立派な社畜なわけなんです。

仕事が増える代わりに、その分だけ給料が増えるよ、ていうのなら納得はできます。

いやむしろ、これも給料が増えているのではなく、仕事量が増えたのだから、本来はその分の給料が加算されて当然なので、増えているわけでも無いのですが。

当然、勤務時間内に仕事が終わらずに、残業して残業代が発生した場合は別になります。

しかしこの不況と長時間労働の問題が叫ばれる昨今、どこの会社も残業は減らされる一方では無いでしょうか。

残業はせずに大量の仕事はしろ。

つまり給料は下がっているのです。

サラリーマンが収入を上げる方法は3つ

ではどうすればサラリーマンの収入は上がるのか。

その方法は3つになります。

昇進

一つ目は昇進ですね。

コツコツと真面目に仕事をし、評価されると昇進できます。

当然その分の昇給は見込めるわけです。

しかし、昇進して着けるポストの数は限られており、タイミングや運にも左右されます。

また年功序列文化が残った会社では時間もかかるために、中々難易度は高くなっています。

さらに昇進できたとしても、その分仕事量が膨大に膨れ上がることもあります。

副業

認められた会社に限りますが、副業をするのも一つの手です。

むしろ最近では、会社員も不安定な時代に差し掛かっており、色んな所で副業を推奨されているのを目にすると思います。

いくつか種類をあげると。

副業の種類
  • ブログ、アフィリエイト
  • 物販、せどり
  • 株式投資
  • 不動産投資、FX など

他にもいろいろとありますが、メジャーなところではこんな感じです。

どんな副業を始めるかは、個人のスキルや環境によって変わってきますし、始める副業の種類によって、リスクの大きさや収益の大きさも変わってきます。

知っての通り、これからの時代は先行き不透明な不安定な時代です。

何かしら手をつけておくのが賢い選択かもしれません。

転職

3つ目は転職です。

今より条件の良い会社に転職できれば、給料は上がります。

ただ探す手間や、決断する為に労力がかかります。

また、入ってみて『会社が合わなかったらどうしよう』などの心配もあります。

ただし、最近では適職を探してくれる転職エージェントもあるので、登録だけしておいて、好条件の転職先が見つかるのを密かに待つのも賢い手段の1つです。

まとめ

まとめるとサラリーマンの給料が変わらない理由は、月給としてすでに決まっているからでしたね。

その為、忙しくてもヒマでも給料は変わらないてことでした。

そして、そんなサラリーマンの収入を上げる為の方法は3つ。

収入を上げる為の方法
  1. 地道に仕事をして昇進を狙う
  2. 空いた時間に作業して副業する
  3. 好条件への転職

このようになります。

ただ毎日を何となく過ごしているだけでは給料は上がりません。

少しでも収入を増やしたいのであれば、何かしら行動する必要があるということです。

また、サラリーマンでいれば安定という時代も終わりつつあります。

なので時代の変化に合わせて、自分自身も変わっていくことが重要な局面になっていることは事実です。

一度自分の働き方について、見つめ直してみるのも良いかもしれませんね。

というわけで今回ここまで。

それではまた!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です